敷物などに使われるカーペットですが、大きくて重くてどうすればいいの・・・。

なるべく早めにコツや処分方法は知っておきたいですよね?

この記事ではカーペットの荷造りのコツから処分方法まで幅広く解説していきたいと思います!

カーペットの荷造りのコツ

丸めるのが一番!

カーペットなどは畳んでも開いてしまうしダンボールに入れにくい時が多いです。

そこでカーペットなどはヒモなどで縛って丸めるのが一番で持ち運びも楽でオススメですよ。

しかし運ぶ時に丸めたままだと運搬時に汚れたりするので大きな袋に入れたら良いです。

カーペットの処分方法

基本は粗大ゴミ

カーペットは大きい物が多かったり、素材が様々なので基本は粗大ゴミとして扱うことが多いですね。

基本は自治体に電話やネットで受付をして有料の粗大ゴミシールを購入して指定の場所に期日までに運ぶことが多いです。

自治体によってルールは変わりますが自治体のwebサイトや電話など詳しく確認することをオススメします。

小さくしたら『燃えるゴミ』『燃えないゴミ』

最初から小さいカーペットやハサミで30cmくらいに細かくして小さくしたりすると『燃えるゴミ』『燃えないゴミ』に出すことができます。

しかし上記に書きましたがカーペットは素材によって出し方が変わるのでこの表を参考にしてください。

燃えるゴミ綿・ウール・イ草
燃えないゴミ合成繊維(アクリル・ポリエステル・ナイロン)裏がゴムの物

この方法は手間がかかったり、素材によって処分方法が変わるので注意して処分しましょう!

電気カーペットは必ず粗大ゴミで!

電気カーペットをハサミで切ったりすると電熱コードなどがあるので感電の危険性があるのでなるべく粗大ゴミとして処分しましょう。

自治体以外に回収業者も依頼したらすぐに処分してくれるので時間のない方などは利用してみてはいかがでしょうか?

しかし自治体によって方法が変わる場合があるので詳しくはネットや電話などで聞いてみると良いでしょう!

引越し見積もり料金を50%安くする方法!

突然ですが、あなたは引越し見積もり料金を安くしたいと思いませんか?

意外と引越しはお金がかかるんです・・・・。

一番見積もり料金を安くする方法は複数の引越し業者から見積もりを取って比較することです!

なぜなら引越し業者によって料金が違うのでなるべくたくさん比較しないと損をします。

そして、最高値の業者と最安値の業者で数万円の差ができることなんて当たり前なんですよ!

でも時間と手間がかかりますよね・・・。

そこでその悩みを解決するのが『引越し一括見積もりサイト』です!

引越し一括見積もりサイトは一度利用するだけでかんたんに複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

あなたから連絡をしなくても引越し業者からメールや電話での見積もりの案内がきます。

なのであなたは時間と手間をかけずにカンタンに複数の業者から見積もり料金などを聞き出せることが可能です!

『引越し一括見積もりサイト』で比較をすると最安値や相場を知ることもできます。

そのほかにもたくさんの『引越し一括見積もりサイト』メリットはあるんですよ!

もっと『引越し一括見積もりサイト』を知りたい方や利用してみたい方は下のページを押してくださいね!