荷造りなどをしていくと一番気になるのが包丁やナイフの刃物類ですよね。

もし刃物などをそのままダンボールの中に入れると、破れて出てくる可能性もあり、最悪ケガをすることになります。

そうなる前に正しい荷造りの仕方から要らなくなった場合の処分方法の二つを教えたいとおもいます!

刃物類の荷造り

*刃物などを梱包する際は必ず軍手などをしてから作業をしてください!

クッション材がある場合

youtubeに参考になる動画がありましたのでぜひみてください。

注意刃先はちゃんと揃えて記入しておきましょう!

ダンボールの場合

ダンボールを二つに折ります。折った部分が刃が当たるようにしましょう。

ガムテープでぐるぐる巻きにしましょう。

その上からタオルや新聞紙などでぐるぐる巻きにします。

関連記事:【無料】引っ越しダンボールの入手方法&選び方

記入しよう

意外と荷物はたくさんあり、どこに刃物類などを入れたかわからなくなります。

そんな時のために誤って触らない様に梱包したら『刃物類』などと赤ペンなどで書いておくとわかりやすいのでしょう。

ダンボールなどの外側にも、『刃物注意』などと大きく書いておくと運ぶ人も安心して運べます。

処分方法

自治体に出す

自治体などは住んでいる地域によって処分方法が違うので市役所などに電話などで問い合わせると教えてくれますよ!

不用品回収業者に出す

業者に頼むと指定した日時に取りに来てくれたり、早く処分してくれるのでおすすめです!

まとめ

しっかりと荷造りをしないとケガをしたりするので上記で紹介したようなやり方だとケガをすることはありません!

そのほかの荷造りが終えてなかったりわからない場合はこちらの記事をオススメします。

【時間短縮】引っ越し荷造りに必要なアイテムからコツ5選を紹介!

【まとめ】引越しの不用品の処分方法5選|買取などを利用しよう!

引っ越し料金を安くするなら引越し侍でしょ!
提携業者数255社
引越し業者紹介件数2390万件突破
一斉に10社から見積もりができる
最大で50%以上安くなる
 たった1分で終わる入力項目(簡単な個人情報&荷物量)からあなたに合った引っ越し業者を選んでくれます!
相場や最安値がすぐにわかるので便利ですよ!
一社ずつ電話するより200社以上から一気に見積もりを取れるサイトを利用した方が業者間で価格競争が始まって激安になる場合が多いです。どこの業者にお願いしようか迷ってる方は無料なので是非使ってはいかがでしょうか?

引っ越し料金を安くするなら引越し侍でしょ!
提携業者数255社
引越し業者紹介件数2390万件突破
一斉に10社から見積もりができる
最大で50%以上安くなる
たった1分で終わる入力項目(簡単な個人情報&荷物量)からあなたに合った引っ越し業者を選んでくれます!
相場や最安値がすぐにわかるので便利ですよ!
一社ずつ電話するより200社以上から一気に見積もりを取れるサイトを利用した方が業者間で価格競争が始まって激安になる場合が多いです。どこの業者にお願いしようか迷ってる方は無料なので是非使ってはいかがでしょうか?